天気予報士の受験資格

天気予報士の受験資格

天気予報士の受験資格は学歴関係なし、年齢制限もないことで有名です。

テレビなどで最年少の天気予報士の資格を取ったとニュースになったこともあります。

年齢に制限がないとは言っても、簡単な資格ではありません。

合格率が5%とかなり低い値になっています。

いくら資格対策で通信講座をやっていたからといって合格するとは限りません。

天気予報士の資格試験で学科に合格したが実技試験が不合格だと、次の試験からは免除されます。

また、学科試験の一部が合格点を取った人はその科目だけ免除できます。

ただし1年間が免除期間となっています。

1年過ぎてしまった場合は、改めて学科試験を受けなおすこととなります。

特殊な例として、気象庁、自衛隊での予報の実務経験がある人は、学科試験の免除となります。

難しい資格ですが、この資格をとることで仕事に困ることはありません。

テレビ局、気象関係の企業、一般の企業でもこの資格を持っていると優位になることもあります。

最近では派遣業やアルバイトで働いている人もいます。

天気予報士の仕事は?

すぐに思い浮かぶ天気予報士の仕事では、テレビ局やラジオ局のメディアの仕事が一番に思い浮かびます。

実際の仕事は表に出ることはなく、裏方の仕事となります。

テレビで天気の予報をしている人の多くは、気象庁から受け取った気象情報を分析していた結果を発表しているのです。

実際には天気予報士がテレビの舞台で活躍していることはあまりないのです。

天気の情報を伝える人の台本を作成する仕事です。

テレビ局での仕事は、常に最新の気象情報を得て、ニュースの時間までの予測を何度も繰り返します。

メディア以外の仕事では、民間の気象会社があります。

この会社では、他の会社から依頼された気象予測を提供する仕事です。

主に、イベント企画をする会社などから依頼されることが多いです。

一般企業でも気象予報士の資格は役に立ちます。

農作物を輸入する会社や、レジャー産業からは重宝されます。

天気予報士の資格情報ならコチラ

最近では仕事の手段というわけではなく、趣味の延長線上として習得するひとがいます。

天気の変わりやすい山は、この資格が非常に約にたちます。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。